Our services

法人税・営業税・VAT年次確定申告書の作成

ドイツにおける税務コンプライアンスは近年ますます複雑多岐になっています。

お客様に代わって、面倒で煩雑な税額計算から申告書作成まで行い、無駄な税金納付を防ぎます。

よくある質問

法人税・営業税・VAT 年次確定申告書の作成に関して、よくある質問をまとめました。

Q. Input VAT (Vorsteuer)を控除するにはどのようなことを考慮しないといけないのでしょうか?

A. 控除の条件として請求書に記載しなければならない事項があります。例えば、

  • 請求書発行者の正確な名称及び住所
  • 請求書受取人の正確な住所及び名前
  • 請求書発行者のVAT番号
  • 請求書発行日時
  • 商品・サービスの名称及び数量 等々

ここに挙げたのは控除条件の一部となります。詳しい内容、VATに関しましてご質問がございましたら、お気軽に弊所までご相談くださいませ。

Q. 法人税の対象期間は一体いつなのでしょうか?また税率はどうなっていますか?

A. 課税の対象は事業年度を基準とし、通常は暦年に対応しています。税務当局に申請し、暦年以外の事業年度を適用させることも可能です。

また法人が利益を分配するか保持するかに関係なく、税率は15%です。

Q. 営業税に関して、非課税額があると聞きましたが、私の場合にはどうなのでしょうか。

A. 個人事業主または人的会社の出資者に関しては、24,500ユーロの非課税額が存在します。 ただし、GmbH・AGなどの法人には当該非課税額はありませんので、個々の状況を判断する必要があります。

ご質問がございましたら、お気軽に弊所までご相談くださいませ。

疑問点がございましたら、お気軽にお問い合わせください

コンタクト (サービスについて)

  • このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。